<< 憑神〈つきがみ〉 (2007/日) | top | 西遊記 (2007/日) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |

マリー・アントワネット (2006/米)

Marie Antoinette

出演 キルスティン・ダンスト / ジェイソン・シュワルツマン /
リップ・トーン / ジュディ・デイヴィス / アーシア・アルジェント
マリアンヌ・フェイスフル / ローズ・バーン / モリー・シャノン
シャーリー・ヘンダーソン / ダニー・ヒューストン / スティーヴ・クーガン

セットが綺麗。さすが本物のベルサイユ。
豪華な衣装、美味しそうなお菓子や、かわいい靴がドンドン映る。
一瞬プラダを着た悪魔が頭をよぎったけど、まあいいか。
こういうの、見ててわくわくするから好きだし。

ストーリーはまあ・・うーんだけど、キルスティンはかわいいし、
美術品がよかっただけでもいいかな。
あ、音楽が一場面ものすごい違和感があったな、どこだっけ。

最初かなりぎこちなかったし、きつかっただろうと思うし、
浮気したりしたけど、でも一貫して夫を愛してたんだろうなと
思えて、その辺はよかった。

しかし、フェルゼンのあのポーズ、ナポレオンかいっw
kotoko | 洋画マ-モ | 16:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 16:39 | - | - | - | - |
Comment









Trackback
URL:

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
PR
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH